Apple Payがついに始まりました。Suicaやクレジットカードの登録、使い方など


Apple Pay【アップルペイ】スタート


2016年10月25日より、Apple Pay【アップルペイ】が日本でサービスを開始しました。

iPhone7で、JR東日本の公式アプリ【Suica】が使えるようになります。

また、電子決済サービス【ID 】【QUICPay】で決済のApple Pay対応クレジットカードを登録する事ができて、Apple Pay対応の店舗で利用できます。

Suicaを登録しよう【Suicaカード有りの場合】

1、【Suica】アプリを起動して、【Suicaを発行】を選び、【Suicaカードの取り込み】をタップします。

2、【Wallet】アプリが起動して、カードを追加に移行します。

3、Suicaカードの下半分を隠すようにiPhoneを上に置き、転送します。

4、【残高の転送が完了しました】の表示が出たら、完了です。

尚、登録を済ませたSuicaカードは、利用出来なくなりますのでご注意。



アプリ経由で新規にSuicaを作る【Suicaカード無しの場合】

実際は、プラスチックのSuicaカードを作る必要性は、必ずしも有りません。

上記の【モバイルSuica】アプリをすれば、OK です。

アプリ上から新規にSuicaを作ることが出来ますので、カードが無くても、Apple PayにSuicaを登録可能です。

しかも、駅などでSuicaを作る場合は、デポジット500円が掛かりますが、アプリ経由で作れば費用はかからないのでオススメです。

クレジットカードが追加出来ます。

Apple Payで設定したクレジットカードは、【QUICPay】または【ID】として割り当てられ、店頭でのお支払いに使う事が出来ます。

また、クレジットカードのお支払いと同様にポイントも得られます。

Apple Pay対応のクレジットカードがあれば、お財布の中からカードを一枚減らせる事にもなるので、スッキリです。

Apple Pay

Apple Payは、iPhone6/6sでも使えるの?

まず、店舗や改札機などで読み取る、【Suica】、【ID】、【QUICPay】での支払いは出来ません。

やはり、情報の読み取りには、【FeliCa】搭載のiPhone7/7Plusだけとなります。

ただし、Apple Payに対応したアプリで、iPhone6/6sに登録したクレジットカードを使い、支払いをすることは可能です。

SafariなどからApple Payを使って支払う事が出来ます。

公式サイトはこちら

まとめ

おサイフケータイの様で違う【Apple Pay】ですが、今のところはSuica押しの様な感じですね。

ただ、今後もアップデートを重ね、より便利なサービス機能となってくれることを期待したいところです。

気になる方は、一度実際に使って見て、試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加